« 金剛院(舞鶴市)の文化財-1-(快慶仏) | トップページ | 美女たちと行くイタリア料理店  OSTELA  "La Bonta" (ラ・ポンタ舞鶴店) »

2008年11月23日 (日)

金剛院(舞鶴市)の文化財-2-(塔婆)

金剛院の文化財-(金剛院塔婆)-

Momiji1

金剛院の三重塔(金剛院塔婆)

この塔は舞鶴を代表する文化財である。こうした塔は丹後ではここにしかない。今は成相寺(宮津市)に五重塔があるが、あれは最近に再建されたものである。

pencil 金剛院の全般については「金剛院(舞鶴市鹿原)」など参照して下さい。

Knkin0054 この塔は重文だが、いつでも見ることができるなじみの文化財で、舞鶴市民なら知らぬ者はなかろうと思われる。近くなら学校の遠足や何やかやで一度くらいは行ったことがあることと思われる。ワリワリはどうもなじみがありすぎてこの塔のよさがわからない面もあるが、こうして見ればまたいい、というのかスゴイものと思える。

Momiji1本来文化財とは全人類の共有財産で、そうあるべきものと思うのだが、大切にしすぎるのか、隠してしまうというのか、見せるだけの施設もないというのか、市民からは見えないものになっているのである。

一度失えばもう取り返しのつかない物で、今のわれわれだけの物ではなく将来の地球市民に伝えねばならぬ宝ではある。そうした将来に対して責任がもてないようなことでも具合が悪いのであるが、そうした配慮に基づく慎重姿勢というよりも、どうも本当の人間文化というものが一般からは隔離・疎外状態になっているのだが、それでいて不条理と感じることもなく当然のことのようになっている、どう言うのかいかにも現代の非人間的社会のマトモとも思えぬ状況がここでも見えてしまうのである。そんな事はないと言うのなら、問おうではないか。舞鶴に伝わる重要文化財だといっても、それらをすべて実際に見たことのある一般の市民が一体何人いるのだろうか。まあ恐らく一人もいないと思われる。何もお寺さんや檀家さんを責めているのではないのだが、「舞鶴の文化財」を私のブログに訪ねてこられる方も多いのである。市民の興味は深いようなのだけれど、私に問われても私は門外漢だし、どこへ行けと言えばいいのだろう。

o(`ω´*)oプンスカプンスカ!! 文化にたずさわる政治や行政を問題に思うのである。その基本姿勢を問うのである。

Knkin0052

Momiji1文化庁の立てた案内には、

重要文化財

金剛院塔婆 木造こけら葺・室町時代

 金剛院は天長六年(八二九)ら平城天皇の皇子高丘親王(出家して真如法親王という)が創建したと伝える真言宗の古刹である。

 この塔は昭和二十五年解体修理され相輪を新補して完全復元されたもので屋根はこけら葺で比例の整った各層の屋根のリズムには軽やかさがある。

 初層の内部には太い四天柱が設けられ来迎壁には室町風の花頭窓がついているのが珍らしい。二、三層は三手先、二重繁棰の和様系の美しい塔婆で、軒の出が深いため、水平への広がりがあって、こころよい景観を呈している。 

文化庁

Knkin0053

Momiji1

もし死ぬと、こんな所へ行きそうな気持ちがしてくる。

『舞鶴の文化財』は、

 古刹金剛院の境内に清楚にたたずむ三重塔である。

 永保2年(1082)高岳親王(真如法親王)の菩提のため白河天皇が建立、久安2年(1146)美福門院によって平忠盛が奉行し本堂の建立とともに修飾したと伝える。

 現在の塔は、室町時代の再建とみられ、初層内部の須弥壇の格狭間の蓮唐草文様や、軒先の構法、斗キョウ積上げ方式等は、室町時代の特徴をよく示している。

 内部には四天柱が設けられ、来迎壁には火燈窓が付され、須弥壇には法親王の木像が安置される。扉が内開きなのは特例である。

 柿葺の屋根は軽やかで、各層とも比率よく整い、三手先の組物に支えられた二重繁垂木の軒の出の深さと水平への広がりに、和様の優美をみることができる。

 悲しくも美しい伝承に彩られるこの塔婆は、周囲の楓とともに、深い落ちつきをもって自然景観にとけこみ、王朝文化の雅びを今にただよわせている。

 相輪は、昭和24年の解体時に復元されたものである。

|

« 金剛院(舞鶴市)の文化財-1-(快慶仏) | トップページ | 美女たちと行くイタリア料理店  OSTELA  "La Bonta" (ラ・ポンタ舞鶴店) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436471/25588629

この記事へのトラックバック一覧です: 金剛院(舞鶴市)の文化財-2-(塔婆):

« 金剛院(舞鶴市)の文化財-1-(快慶仏) | トップページ | 美女たちと行くイタリア料理店  OSTELA  "La Bonta" (ラ・ポンタ舞鶴店) »